デジタルモニターの航続可能距離0でも走行できる!焦ると逆に危ないよ

このブログに検索で行き着いた方はおそらくガス欠寸前の車の同乗者さん、または運転手さんご本人でしょうか?

結論から言います。
安心してください。大丈夫です。

スポンサーリンク

航行可能距離0でも焦らないで! 走行できるから大丈夫

デジタル表記で航続可能距離がゼロになった場合でも数キロ先のガソリンスタンドまでちゃんと走れました!
身をもって証明しました。

車種にもよると思いますが、モニターの航続可能距離の表記ががなくなっても、しばらくは走れるということです。

だから安心してください。焦らず安全運転で!

失敗談 なぜガス欠寸前になってしまったのか?

今回、焦り過ぎて写真これだけですw

このとき使っていた車はトヨタのコンパクトカー。
リッター14~15キロは走ります。

小回りが利いて便利なのでこの車を乗ってしまいましたが、ガソリンが少ないことをすっかり忘れていました。

気づいたころには航行可能距離39キロ、そこから30分くらい走ると航行可能距離10キロでピコーンという音とともにランプがつきました。

深夜だった為、24時間営業以外のガソリンスタンドは営業が終わってしまっていて給油できなかったって理由と、目的地までもつだろうという考えで車を走らせていました。

とくにチャレンジしたつもりもありません。
大ボケの失敗談です。

有料バイパスの途中でゼロ表示

航行可能距離が6キロを過ぎたあたりから、あれよあれよと言う間に5キロ…4キロ…3キロ…2キロ…と、カウントダウンのように減っていきました。

「嘘だろぉぉぉぉぉ?!」ってくらい早かったです。

頭の悪いわたしでも、距離とデジタルの数字が合っていないとわかるくらい顕著に減っていきましたもん。

「ヤバイ・ヤバイ・ヤバイ・ヤバイ!!!!!」

この瞬間が一番焦りました。
ワキ汗ドバー!って。

残り1キロになったときにガス欠覚悟で走り、最後には0っていうか表示されない状態(―――)になり、いつ止まっちゃうんだろう?と、めっちゃドキドキ。

久々にスリリング感を味わいました。

もういっそのこと止まるなら止まれ!!っていうね。

あんまりアクセル踏まないように惰性でゆっくり走ること数分。

もう神頼み

このとき、止まってしまったときのことを考えて脳ミソフル回転させてましたw

ここで止まったらヤバイなー。

保険にロードサービスは…
うん!ついてる!!あ、証券ないや。
こんな時間だし保険屋さんの友達を起こしちゃったら悪いよな~。

よし、止まったら車を押してやる!!

あ~なんとか一般道まででいいからとりあえず着いてくれ!

アクセル踏んでもメーター増えなくなったらハザード点けて端に寄らなきゃ。。。

などなど。

でも…あれ?ゼロだけどイケルぞ?!って思いながらバイパス走り抜け、おりることができました。

深夜帯だったので後ろにはトラック1台が遠くに走ってるくらい。

エンジンストップのついている車だったので、国道に出てから赤信号で引っかかったときにエンジンが止まったときは「詰んだ…」って思いましたよ。

お!!行ける!!

でも、ブレーキから足を離すといつものようにエンジンがかかり、アクセル踏むとメーターが動くので、この時はガソリンスタンドまで絶対イケる!!って確信できました。

そして、無事24時間営業のガソリンスタンドまでたどり着くことができてホッとしました。

いやーマジ焦りましたけどねw
無謀にも車を押す気満々でした。

こういう時に運転してる方の焦りやテンパりは本当に危ないので冷静さを忘れないことが一番ですね。
もう、次回から気をつけます。

おわりに

最後にもう一度言いますが、デジタルモニターの航続可能距離ゼロになっても10分くらいなら確実に走りますのでご安心を。

ただ、デジタルモニターのついていない年式のイッた車はランプが点いてからどれだけでストップしてしまうのかわかりませんので注意してください。

実際、10年落ちの軽自動車に乗っていたときに、ガソリンランプが点いてまだイケる!と走っていたらガス欠で国道に止まってしまったことがあります。

ガソリンは少なくなってきたら給油ですよ☆←当たり前w

スポンサーリンク

シェアありがとうございます☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です