中古車の契約を翌日に解約やキャンセルをしたらキャンセル料は支払うの?

「え?キャンセル料?!」

中古車を購入し、翌日にキャンセルを申し出た時にキャンセル料を請求された知人からのSOSでした。

過去に大手自動車ディーラーで働いていたので、わたしに相談をしてくれたのだと思います。とりあえず無事問題が解決したので同じように困っている方に向けて書いています。

親に「車を買うよ~」などの一言もなく、その日のうちに車の契約をしてしまいました。その決断力は素晴らしいのですが、親からしてみたら心配ですよね。。。

成人したばかりの若い子でもローンが通れば車を購入できてしまうということです。

スポンサーリンク

中古車を契約、翌日にキャンセルをしたらキャンセル料は払わなければならないのか?


いきおいのある若い子パターンでしたね。今回の出来事を簡単に説明します。

営業マンのパソコンで中古車検索をして、欲しい車が見つかった。すぐ車を欲しかったのか、その日に契約してしまう。12年落ちのセダン、諸費用込み100万円の5年ローン(ネット上でしか車の状態を見ていない)

そのときは印鑑などはもっていなかった為、契約書類を渡され後日送付とのこと。帰って親に車を契約したことを話す。

子供の話を聞いて親は不安

  • 定職についていない為(派遣)
  • ネットでしか車を見ていなかった為
  • 親に借金あり

親は車の購入はキャンセルしてほしいと子供を説得。そして子供もなんとか納得。

しかも派遣はもうすぐやめるってよ。

そりゃ心配だわな。

そもそも現物を見ないで買っちゃうなんて逆にスゲー!!

翌日にキャンセルの電話

直接営業マンの携帯に電話したんだけど…

もう契約したから購入のキャンセルは不可と言われるのよ。平行線をたどったまま、親と営業マンの電話のやりとり約30分。

さんざんキャンセル不可と言っていた営業マンからキャンセル料を請求。金額は10万円。

「えっ?どういうこと?」

「昨日の今日でおかしいだろ!!」

うん。ちゃんちゃらおかしいよ~!!

このケースの場合、キャンセル料は払う必要ないよ。

規約と違うよね?

そこの中古車販売店の規約では契約日の当日、翌日は無償キャンセルと謳っています。

自動車購入にあたってはクーリングオフ制度は適用されません。自動車を取り扱う会社各々で規約というように約束事があります。

ぜひ今一度、確認してみてください。

ちなみにわたしが働いていたディーラーではキャンセル料をお客様からいただくことはしていませんでした。契約者が不慮の事故で亡くなってしまったり、契約者が長期入院をすることになったり、やむを得ない事情もあります。

もちろん、納車目前に気が変わってしまうお客様もいました。

そうなると確かに会社にとってはいろいろな損失はありますが…

「キャンセル料を払ってください!」っていうのはありませんでしたね。

お客様相談室

企業や会社ほぼお客様相談室を設けています。

いろいろ不明なことや不安なこともあると思います。ここでしっかり説明してくれるはず。

今回のケースでもお客様相談室へ電話したところ
「もちろんキャンセルできます。」と数分で話が通りました。

直接営業マンに電話をしてしまったことで、話がややこしくなってしまいました。

信用問題

ではなぜ営業マンはキャンセルを受け入れてくれなかったのか?

  • 上司に叱られる?
  • マージンがなくなる?
  • 販売目標事情?

憶測なので実際はわかりませんが、上記のような背景があるとは思います。信用にもかかわることなのでしっかりして欲しいですね。

もしかすると、会社の規約をしっかりと把握していない営業の方(新人さん)だったのかもしれません。

う~ん。。。
微妙によろしくないような評判をちらほら耳にしますが、会社云々よりも、このような一部の営業マンの言動によるものなのかな~と感じました。

目先の欲や間違った知識によって未来のお客様方を逃してしまいますよね。

いずれにせよ、今回のキャンセルを巡ったトラブルは解決しました!営業の方からお詫びの電話もあったそうです。

あ~よかったわ~。

おわりに

今回の場合は翌日のキャンセルだったのでキャンセル料はかかりませんでしたが、少し遅れてしまっていたら数万~数十万を支払わなければならない状況になっていたかもしれません。

車を購入するときは必ず現物は見てください。

大きな買い物をするときには、慎重にね☆

スポンサーリンク

シェアありがとうございます☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です