香水をネットショップで購入したら香りが違くてビックリしたこと

良い香りが大好きで香水は今まで数えきれないほど使ってきました。まだ知らない香りもいっぱいあるのでこれからの楽しみもいっぱい!

ここ数年はペンハリガンのマラバーをメインに愛用しています☆他に気になる香りがあれば、迷わず購入しちゃっていますが…。

スポンサーリンク

香水をネットショップで買って後悔

ちょうど多忙時期に愛用香水が終わってしまい、過去に1度だけネットショップ(公式サイトではないところ)でペンハリガンの香水を購入したことがありました。

ネットでポチポチ探すと、ある!!
結構いろんなネットショップが取り扱ってます。

しかもネットショップで購入した方がデパートで購入すよりも5,000円近くも安いんです。

ペンハリガンは50mlで15,000円、今は値上がり16,740円です。それが9,000~10,000円ほどで買えればお得です。

「え~!なんでネットはこんなに安いの~?!」と疑問を抱きつつも購入しましたよ。

ネットショップで購入した香水がいつものものと違う

ワクワクして商品の到着を待つこと数日。

届いて異変に気付きました。

あれ?

??

香水の色が違う!?こんな濃くなかったよ…?

お~っと?!香りも違う!!

ワンプッシュしただけでわかりました。

おかしいな~?このアルコール臭は…最初だからかな…?と思いながら何回かプッシュしましたが、やっぱり違うんです。。。

こんな無機質な感じじゃないんだよ~。もっと深みがある香りでしょ~。大好きなラストノートよ…何処へ??

これは偽物なのか?!と箱をくまなく見てみてみると製造販売元ス◯イマウントジャパンという会社の名前の入ったシールがついていました。

?!

何?!

どこ?!

数年前の販売元はペンハリガンジャパンでしたが、今の正規品の表記はブルーベル・ジャパンになっています。

英フレグランスブランドの「ペンハリガン(Penhaligon’s)」と仏フレグランスブランドの「ラルチザン パフューム(L’Artisan Parfumeur)」が、日本国内におけるビジネスを100%子会社による運営から、国内販売代理店のブルーベル・ジャパンに完全移管する。ペンハリガン ジャパンとラルチザン パフューム ジャポンは7月31日をもって業務を終了する。

引用元:Fashionsnap.com

ネットショップで購入した香水は並行輸入品という正規ルートではない商品なんですね。

それにしてもホント、偽物を疑うほど香りが違いましたが。。。数回使ったけど放出。

正規品と並行輸入品

これを経験するまでは、香水は全部正規品だと思っていました。

安い理由は、人件費とかの関係かな~?なんて安易な憶測を…。

香水にも正規輸入品と並行輸入品があるんです。

正規品

正式な代理店契約を結んだ日本の企業が徹底した管理の元、商品を日本に輸入し販売しています。万が一不良品だったとしても、正規店で購入した商品は補償があるので安心です。

並行輸入品

代理店ではない企業が独自のルートで海外にて商品を買い付け、日本に輸入、販売を行っています。どこで誰がどのように商品に関わっているかは不明です。この商品全般を「並行輸入品」といいます。
この、輸入販売は独自のルートさえ持っていれば個人でも可能ということです。

偽物でないにせよ、並行輸入品はどのような商品管理をしているのかは消費者はわかりませんからね。温度管理のされていないごちゃっとした倉庫に雑に置かれていることも考えられます。

もし、初めてこの香りを並行輸入品で購入していたらリピートはしていませんでした。
これほど香りが違うんです。

おわりに

やはり好きな香りは品質管理が行き届いていている正規店で購入が一番安心できます。
好きな香りが違う香りになっているのは悲しいです。

数千円の差はありますが、せっかくお金を出して購入するのだから納得のいく買い物をしたいですね。

とてもいい勉強になりました。

心がモヤモヤするときに使いたい香水

オーガニックの香りで癒やしのひとときを…

スポンサーリンク

シェアありがとうございます☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です