京都有次で包丁研ぎを依頼!金額と仕上がりまでの日数

京都の錦店で購入した有次の包丁。かれこれ5年以上使っていました。

使い始めてから1度も研いでいませんが、よく見ると刃こぼれがけっこうあったので包丁研ぎ修理に出すことにしました。頓着なくて申し訳ない…。

 

わたしの使っている包丁は有次の平常一品というシリーズ。

鋼をステンレスでサンドイッチした軽くて錆びにくい包丁です。

 

包丁研ぎ代金や手元に戻ってくるまでのかかった日数などを簡潔にわかりやすくお知らせします!

有次に包丁を送る

「あ!包丁研いでもらおう!」と思ったら、あなたがやることは包丁を有次の店舗に送るだけです。

「店舗に送っていただければ大丈夫ですよ」と有次の店員さんに電話で確認済みです。

梱包は丁寧に!刃物なのでしっかりした箱に入れて送りましょう。購入したときの箱があればラッキーです。

さらにクッション材(プチプチ)で巻き、それを袋に入れます。

 

宅急便やゆうパックなどの発送方法が良いです。(定形外は補償がないのでやっぱり心配。)

元払いなので料金はコチラ持ち。

 

地域や梱包の大きさによって料金が変わってきます。下記からお調べいただけます。

 

料金・お届け予定日検索(宅急便)|ヤマト運輸

運賃・料金計算(ゆうパックの運賃・料金計算)

【佐川急便】荷物の配送・配達・輸送料金を調べる

 

【送り先住所】

 

〒604-8052

京都府京都市中京区錦小路通御幸町西入ル

有次 錦店

 

電話番号075-221-1091

有次本社から金額と仕上がりの日数の連絡が来る

包丁を発送して数日後に有次本社(075-351-5800)から電話が来ました。

わたしが研ぎに出したのが12月初旬。

12月は忙しいようで仕上がり日数は1ヶ月半くらいとのことでした。料金は代引とのことです。下に金額は載せておきます。

 

研ぐのは全て職人さんが手作業で行ってくれます。気長に待ちましょう。

研ぎ修理に出した包丁が届く

1月中旬ついに包丁が手元に戻ってきました!首を長くして待ってましたよ!

1ヶ月半という連絡をもらいましたが、日数はそれよりも早かったです。1ヶ月ちょっとってところかな。

 

中に納品書が入っていました。

包丁研ぎ修理1620円(税込)

送料1000円

代引手数料300円

合計2920円

 

最初元払いが907円かかっているので

 

全部で3827円

2207円は送料や代引き代ですが、京都への持ち込みを考えると安いものです。

切れ味最高!

ドキドキしながら箱を開けて、仕上がりを見ました。手がスパっときれてしまいそうな刃を慎重に確認。

前までは肉眼でわかるくらい刃こぼれしていたんですが、今はシャキッとギラッと生まれ変わりました。

写真では伝わらないかもしれませんが、何度見てもキレイです。

 

 

使い心地も違いますね!前よりも全然軽い力で長ネギもサクサク切れて快感です。

熟れたトマトも気持ちの良い切り心地。感動ですよ!さすが職人さんです!!

 

これで指切ったら結構いきそうなので細心の注意を払って使わせていただきます。

 

おわりに

5年以上使っていましたが、もともとの鋼がいいので研ぎに出す前もそこまでべらぼうに切れ味が悪いわけでもありませんでしたが、このタイミングで研ぎに出せてよかったです。

 

長く大切に使うなら定期的なメンテナンスは大切だと感じました。

有次の名品に恥じぬよう料理も精進したいです☆