TOTO脱臭機能付きトイレが臭いのはなぜ?!脱臭カートリッジの交換時期

機能付きトイレ。嫌なニオイも脱臭してくれる優秀なトイレ。

しかし、徐々にトイレがクサっ!と感じるように…。

それは、脱臭機能付きトイレも脱臭フィルターのお手入れや脱臭カートリッジの交換が必須!ということ。

 

うっかり主婦の真咲がやらかした脱臭機能付きトイレの臭い事件。

忘備録として残しておきます。

トイレに脱臭機能がついているのに臭くなる原因

トイレ掃除はちゃんとしているのにトイレが臭う。

脱臭機能付きトイレを取り付けて4年後のこと。

 

どこからこのニオイは発生してるんだろうとニオイの原因を探した。

うん。トイレの横あたりがとってもクサイ。

脱臭機能で風を吸い込んでいるところ周辺がやっぱりクサイ。

 

ここに原因が?!

ラッキーなことに取扱説明書がすぐ見つかったので調べた。

 

読んでみると…。

「脱臭フィルターのお手入れ」と書いてる。

脱臭フィルターって何?!そんなフィルターあったの?とビックリ!

 

恐る恐る脱臭フィルターを引っ張ってみる。

あれ?抜けない…。

ちょっと強めに引っ張ってみる。

 

モコッモコモコモコ!!!

圧縮されていたであろう4年分のホコリが飛び出してきた。

「なんじゃこりゃ~~~ぁ!!??」

 

これでは脱臭どころではない。脱臭フィルターの差込口の奥にもホコリがたくさん。

脱臭フィルターにギュっと詰まったホコリが脱臭機能を邪魔していたのだ。

脱臭フィルターはこまめに掃除をしよう

細長く奥までささってるのが脱臭フィルター。

月に1度お掃除とのこと。

4年放置してしまっていたということは…48回分さぼりにさぼったホコリが出てきたわけだ。うぅ、恐ろしい。

トイレが壊れなくて良かった。

もうね、裏の方にもホコリが詰まっててウォシュレット本体を外して裏まで拭いたりめっちゃ掃除が大変だったのよ。

多忙でうっかり忘れてたとしても2~3か月に1度は脱臭フィルターを掃除した方がいい。

脱臭フィルターのお手入れの手順

  1. 電源プラグを抜く(コンセントにささってるアレ)
  2. 脱臭フィルターのつまみを持ち、外側に引き出す
  3. フィルターについたホコリを落とす
  4. 脱臭フィルターをカチッと音がするまで押し込む
  5. 電源プラグを差し込む

 

脱臭フィルターのホコリは水でサァーっと洗い流すと早いよ!この場合はしっかり乾かしてから元に戻してね。カビるから。

 

それでも臭いが気になるときにはもうひとつ交換する部分が!

脱臭カートリッジの交換しよう

これまた脱臭カートリッジの存在を初めて確認。

消耗品なのだよ。コレは。

脱臭が弱くなったら交換とのこと。

とくに交換の周期は書いてないけど交換しておこうとAmazonで即注文したよ!

 

我が家のトイレは
totoのウォシュレットSB 品番TCF6421

脱臭カートリッジの品番はTCA83-8
価格:1071円

TCA83-8の脱臭カートリッジが合うトイレの品番

totoのトイレの品番によって脱臭カートリッジにも種類があります。

TCF2121・TCF307・TCF316・TCF316H・TCF317・TCF326・TCF326H

 

TCF327・TCF6321E・TCF6321EAC・TCF6321EAD・TCF6321EAE

 

TCF6321EAF・TCF6321EAK・TCF6321EAM・TCF6331E・TCF6331EAC

 

TCF6331EAD・TCF6331EAE・TCF6331EAF・TCF6331EAK・TCF6331EAM

 

TCF6421・TCF666・TCF9134LR・TCF9134R・TCF9311L・TCF9321L

 

TCF9331L・TCF9411・TCF9421・TCF9431・TCF946・TCF947

 

TCF948・TCF948V46W・CES9134

今回は我が家と同じTCA83-8の脱臭カートリッジが合うトイレの品番を書きました。

え?品番ってどこにあるの??ってなるよね。

品番が記載されている場所

便座の蓋を開けるとシールがはってあるのでそこを確認してみてね。

わたしのようにシールをうっかりはがして捨ててしまった人は、ウォシュレット本体の見えにくい後ろの方に品番があるよ。

覗き込んで確認するか、ちょっとめんどくさいウォシュレット本体をずらす感じで見えると思う。

TCFから始まるのが品番。

ウォシュレットの本体をずらすのはダルイよ~って方には裏技!

手鏡を記載されている箇所のところに置いて鏡をのぞいてみてね。ただ、鏡文字になっちゃってるから数字間違えないように注意。

脱臭カートリッジの交換方法

  1. ウォシュレット本体の右側あたりにあるルーバー(窓みたいなの)を外す
  2. 脱臭カートリッジの突起をつまんで引き出す
  3. 新しい脱臭カートリッジを取り付ける
  4. ルーバーを取り付ける

ルーバーはなかなか固めなので素手だと爪が割れちゃうよ。ドライバーなどのテコの原理が使えるもので外してね。

おわりに

脱臭フィルターの掃除&脱臭カートリッジ交換してニオイもスッキリ。

今回は脱臭機能付きトイレってお手入れや交換部品があったんだ!と知りました。

 

脱臭カートリッジを購入ついでにうちはフレグランスセットも買っちゃいました☆