意外と貯まる?!必要なときの為の新札貯金の方法 

はいはーい☆真咲です。
わたしが普段やっている新札貯金(タンス貯金)について書きます。

スポンサーリンク

新札貯金で一石二鳥

銀行にお金を引き出しに行ったついでに、諭吉さんを5枚から10枚を新札に替えて自宅保管しておくという貯金です。

☆このときのポイント☆

例えば10万円引き出したとしましょう。
その内3万円~5万円を新札に変えます。

なぜ全部新札にしないの?

では、想像してください。お財布の中に同額の綺麗な1万円札と折れていたりシワシワな1万円札があったとします。

どちらのお札を先に使っちゃいたいですか?

折れ折れシワシワの方を先に使うかも…って思ったあなた!

そう!雰囲気的にはそんな感じです。

まぁ、お金の価値としては変わりませんけどね。

「お財布に入っているならキレイなお札がいい」

「なんとなく清潔感がある」

「いいことがありそう」

など、気分的に嬉しくなります。

お釣りのお札がキレイだったら嬉しくないですか?
わたしはめっちゃ嬉しいです。

これがもし、全部新札にしてしまったら気軽に使えるお金がなくなります。

さらに、新札ばかりだとメリハリがなくなり貯まっていきません。

実際に引き出したお金を全部新札だけにして数か月試してみました。
タンス貯金……結構減りましたねw

これだと、新札のありがたみ?とか自分から見た新札の価値がだんだんと低くなってしまうわけです。

どのくらい貯まったかな~って夜な夜な新札を数えるのがちょっとした楽しみでもありますw

「ちっちぇー楽しみだな!」って旦那に言われますが全然気にしません。
小さい楽しみがいっぱいあればHappyでしょ♪

これは、いつでも動かせるお金として貯めています。

大人になると新札が必要なことが結構ある

友人や親せきの結婚、出産、新築祝い、お年玉…などなど
新札が必要なお祝い事が多々あります。

「そうだ!結婚式があるからお札を新札に変えなくちゃ!」なんて、わざわざ新札にするためだけに銀行に行くのは時間とガソリン代のムダです。

だからこそ銀行にお金を引き出しに行ったついでに一部新札に替えるんです。
んで、タンスに忍ばせておくっと。

あらかじめ新札を貯めておくことで時間の余裕ができて、ガソリン代の節約にもつながります。

ガソリン代の節約ができれば、環境にも優しいですね。

必要のないお金まで引き出している

よくやりがちなのがコレ。

新札にするために銀行に行って必要な金額だけ引き出すならまだしも、ついでにプラス数万円を引き出してしまうというパターンです。

それをそのままお財布に入れておくとソッコー無くなりますよ。

財布にあれば、ありったけ使ってしまう……毎度金欠や~!!
とくに何か買った~!ってわけでもないのにお金がなくなる…不思議よね~……。

すごくわかります。
「あれ~?何買ったわたし?」って感じでいつの間にか財布にお札が1枚もないって時あります。

普段はポイントを貯めるためにクレジットカードを使っていますが、クレジットカードが使えないところもまだまだたくさんあります。

現金が必要なときのために考えて使った方がいいですね。

おわりに

この方法を7年前からやっています。

お札にもメリハリをつけてあげるとタンス貯金は貯めやすいです。

本当にお金が必要なときに「どうしよう~」ってならないためにも!
今は使わないけど、いつか使うであろうお金は楽しく管理するのが良いですよ。

もう少ししたら、お年玉貯金と称して千円札をボチボチ貯めよ~☆

スポンサーリンク

シェアありがとうございます☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です